「ジャンク品 Lenovo SK-8825 日本語109キーボードを300円で保護してきた話 前編」に続き、作業を進めます。

キーを乾燥させている間に、キーボードボディ部分をサンドペーパーでゴシゴシします。


使用したサンドペーパーは、粗目#60、中目#120、細目#320の順番で磨きました。


その後、再度水洗いをしたのち、マスキングテープでキー部分を保護します。そして、カラースプレーをボディ部分と密着させるために下塗用としてプラスチック用プライマーを2回に分けてかけます。


下塗処理を終えた後、着色を行います。今回はアサヒペンのクリエイティブカラースプレー・マッドブラック(つや消し)を選択。
アサヒペンを選択した理由は、単純にネットでの利用が多いように感じたため。マッドブラックを選択した理由は、落ち着いた黒にしたいと思ったため。そのため自然とつや消しを選ぶことになる。
例のごとく、2度塗りを行うことで、着色を安定させています。


実はキー用のスプレーは種別ごとに複数用意しています。ただし、今回はESCキーとTabキーのみアクセントカラーとして着色し、その他キーはとりあえずそのまま使用することにしました。
アクセントカラー用途として、ベーシックカラーからディープレッドとファイヤーレッドで相当悩みましたが、結果的にファイヤーレッドを選択し、色合いも好みだったので大正解!朱雀色のようなな漆塗りで和モダンを表現できたと実感しています。ちなみに、こちらは3度塗りで行っています。


バラバラにしたキーボードを組み直しました。

今回初めてキーボード塗装にチャレンジしました。
写真では分かりませんが、ボディ部分をサンドペーパーで磨いた面影が残っています。均等にするのは難しいです。職人技が求められますね。ただし落ち着いた黒になって、まずはお気に入りです。
キーに関して、ファイアレッドに塗装したESCキーとTabキーですが、サンドペーパーで磨かなかったためか?思うように定着してくれませんでした。まぁ、塗装が剥がれてしまった場合、再チャレンジです。
後ショックだったことがありまして、スペースキーのみ詰めを折ってしまいました。組み直すまで気づかず、キーボードを逆さまにした時、スペースキーのみ落ちるんですね。

なんだかんだで、新鮮な気持ちで物事に集中できて、リフレッシュできました。

コメントを残す

*
*

Required fields are marked *