10/6より配信を開始したWindows 10 October 2018 Update(version1809)。またやらかす。

Microsoft、Windows 10 October 2018 Updateのロールアウトを一時停止 | スラド IT

今回の不具合は、

  • 第6世代(Skylake)世代以降のCPUを搭載したPCにて使用率が上昇する問題。
  • アップグレード時にユーザーデータを消失してしまう問題。
  • 一部標準アプリケーションが巨大化する問題(!?)

その他、ディスプレイの明るさが下がったり、ネットに繋がらなくなるとか多種多様。

特に、何をどうすればそんなユーザーデータが消失するバグが発生してしまうのか?
人間が作っている限り完璧なものなんて存在しないけど、こんな不具合あり得ないと思います。半年ごとのアップグレードで最新技術を短期間に取り入れるスタイルもいいけど、ちゃんとテストした上で公開してほしいものです。ましてやユーザーデータの消失とは、いろんな疑念も湧いてきます。

Windows自体がもう今の時代に合わないのかも、とふと脳裏を過る。

コメントを残す

*
*

Required fields are marked *