唐突だけど、自宅でこれまでプリンタを3台買い替えてきました。最後に使っていたプリンタが2013年に壊れてからペーパーレス化に方向転換。それから5、6年が経とうとしている。

いろいろ試行錯誤の上、2016年にはiPad Pro + Apple Pencilを購入して、一層のペーパーレス化を実践してきた。

そして間もなく2018年も終わりを迎え始めた今日この頃。
最近、再びプリンタが欲しい衝動に駆られて困っている。

昔ならば、デジカメで撮った写真やきれいな画像を高画質で印刷して手元に残しておきたい!!という思いから高いプリンタを購入していたのだけど、今ではすっかりそんな思いはどこかに置いてきてしまったので、高いプリンタは求めていない。

でもデジタル化したデータや、iPad Pro + Apple Pencilで書いたものを印刷した上で、後から見返したいという思いが湧いてきたのである。

そこには高画質は当然求めていない。3色カラー+モノクロが素早く印刷できればよいのである。

だが、それだけのためにプリンタを購入するわけにはいかないのである。iPad + Apple Pencilでさえ、約3年間あれこれ考えた上で登場したタイミングと目的がマッチングしたから購入に踏み切っている。

正直なところ、iPadは私が使用する上では紙の代替として十分役に立っている。しかし紙とデジタルデータには大きな谷が存在していることもまた事実なのである。

その大きな谷を埋める、もしくは掛け橋となってくれるのがプリンタなのかは、まだこれから考える段階である。

ずっと思うことだが、アナログとデジタルはいつの時代も混ざらない油と水のようなものだ。もうそろそろ製品として(タブレットのような板ではない)紙のようなデジタルデバイス(描ける電子ペーパー)が登場しても良いころだと思っているのだが・・・。

コメントを残す

*
*

Required fields are marked *