目指せ!フリックマスター

最近になって、フリック入力の素晴らしさと必要性に気づきました(汗)

スマートフォンを使い始めて随分と時間が経過しているにも関わらず、これまで「PCキーボード」タイプで入力してきました。長いことパソコンと向き合ってきたため、無意識にフリック入力に対してなんとなく敬遠していたのかもしれません。(ちなみに、ガラケー時代のテンキーによるテキスト入力はまったく馴染めませんでした)

もちろん、動画とかみて、慣れるとすごく便利な入力方法と認識していました。しかし「PCキーボード」タイプでも特に今まで問題はなかったのです。そう、今までは。

いろいろありまして、結果的にフリック入力を習得しようと思い立った次第です。

時間の合間を見て、現在練習中です。

別に、タイトルのようにフリックマスターになりたいわけではありませんが、次の目標を設定しました。

  • 主にテンキー部分を見ずに考えなくても入力できること。
  • 1分間に40~60文字程度入力できること。
  • 入力ミスを10charactors/min以内とすること。

実際に練習しはじめて間もないのですが・・・

もう、脳みそプルッ!プルッ!

昔、ブラインドタッ・・・現在ではタッチタイピングっていうんだった。タッチタイピングの練習で母音のキー位置を身体に叩き込ませることから始めたことを脳裏に甦ってきました。当時若かったので時間はあまりかからなかったけど、慣れるまでは苦労したことはまぁまぁ覚えています。。時代が変わり、入力デバイスも変わり、フリック入力の重要性をようやく理解しました。
昔のタッチタイピング、そして今のフリック入力を習得したい目的、それは不自由なくインプット・アウトプットをするための手法を手に入れること。
そのための鍛錬が始まったばかりです。

(・・・あれ?あまり時間かからないかも?)