Officeを購入してきて、ンッじュウネん!

Officeを使い始めたのは高校時代だったかなぁ・・・。

購入したバージョンをまとめると、以下の通り。Officeは搭載する機能によって細分化されていました。フルバージョンはとても高い買い物だったと思います。

  • Office2000
  • Office2003
  • Office2010

初めて触ったのはOffice97。特に目的はなかったけど、手段としてExcelとWordの使い方を覚えるためにキーボードをカチカチ、マウスをポチポチしてました。ついでにブライン・・・じゃなくてタッチタイピングもこのころ身体が覚えてくれました。

その後、2000を購入したときにAccessとPowerPointを勉強しています。2003の購入動機はよくわからない。PC環境をWindows XPに移行したときになんとなく購入したのかもしれない。この時期からVBAに興味持ち始めて、チマチマとマクロで遊んでいたと思う。(触ってみてVBAってクソかもと思った)

そして現在も使っている2010。これはWindows 7 pro(64bit)へ移行したため、環境一新およびリボンインターフェイス慣れの目的で購入。(許されるならばVBAって使いたくないと感じていた)

2010以降は、2013の後に最新2016とパッケージ製品が登場しています。2018年後半には、いよいよ次期Office(2019?)が登場するらしいです。

ちなみに、パッケージ製品のほかに月単位もしくは年単位の使用料を支払うことで利用できるサブスクリプションタイプのOffce365も展開しています。こちらはパッケージタイプと異なり、月および年単位の使用料を払い続ける限り永続的にOfficeの最新機能追加やアップデートを受けられます。

それまで1世代ごとに購入してきたOfficeも、2010以降2世代経過しましたが欲しい動機がなかったため、購入に至っていない。

来年は、メインPC環境をWindows 10へ移行を考えています。このタイミングで次期Office購入を検討しています。なおWindwos 10環境でもOffice 2010はサポート(2020年までだったかな?)されている。2018年から流れてくるであろう製品情報によって、今後購入する・しないを考えたい。

にしても、手段としてOffice製品の使い方いろいろ勉強してきたけど、結局使う環境や理由が無ければ、時間の経過とともに忘れてしまい、いざ使おうと思うと学び直しになることに嫌気をさすことが過去何度もあった。Accessなんて使う機会ないのでほぼ忘れてしまっている。

どんな場面でもそうですが、資源も時間もお金も無限じゃないので、最近は「無駄なことに時間は割かない、必要ないなら学ばない、でも自分が興味を持ったり楽しいことならば、まず情報は得る」思考で考えています。

ちょっとしたスキマ時間の独り言でした。
(VBAなんて簡易VB言語捨てて、いろんな言語で操作できるようにしてほしいですよね。)

学んでみたいプログラミング言語

今までプログラミング言語で触ったことがあるものを学んだ順に挙げてみると・・・

  • html/css/javascript(これはどちらかと言えば、構造記述言語、スタイル記述言語、スクリプト言語か。)
  • c
  • java
  • php
  • VisualBasic(VBA(excel))

もう13年以上前になります。プログラミング基礎を勉強しようと思い立ってから、ずっとパソコンと睨めっこしてました。
実際にそれらを勉強した成果物はいくつかありましたが、ハードディスクが死んで今は何も残っていません。
バックアップは大事です。
で、最近はちょっとVBAかじる程度にしか触ってないけどね。

当時と今とでは、状況も環境もかなり変化しています。
すっかりジジィに成り下がったわけですが、これからも昔変わらずコンピュータと付き合っていきたいものです。

最近、昔のような情熱が湧き上がっていまして、これから始めるなら何が良いかな?とリストアップした結果、次が挙がりました。

  • c++
  • kotlin
  • C#
  • Python
  • VBA(Access)
  • (電子工作)

正直これらの言語自体を学ぶことが目的ではなく、実現したい目的のための通過点としていろいろ情報収集しています。
ええ、頭で考えるだけじゃ前に進まないので、写経の如く手も動かしています。

時間が足りない・・・と思いつつ、焦らず気ままにことを進めよう。そんなこんなで今日は勤労感謝の日。タイヤ交換しなくっちゃ!

空いた時間にデータ整理をしていたら。

当時(2014)、何を思って作ったんだろうか?と思いつつ晒す。

まぁ簡単なグラフなんですよ。
1日の1%っておよそ15分。何かを思うもヨシ!、取り組むもヨシ!考えるもヨシ!
それを毎日積み重ねることで、いつか大きなモノになりますよっていう怪しいグラフ曲線です。

最初の3か月って中々芽が出ないっていうのが視覚的にわかります。

1年間続けるとそれなりに効果が出てくる時期のように感じます。

2年間継続することで、その積み重ねてきたことが開花して、さらなる高み(未知の領域)へ昇るようになるようです。

これは毎日1%の積み重ねを例にした事例なわけですが、2%(およそ30分)でも4%(およそ1時間)でもいいわけです。
もちろん、闇雲に時間を掛ければいいってもんでもないですよ。時間は有限、計画的に。

ん?そろそろ寿命かな?

メインで使用している液晶ディスプレイにムラ発生を確認。
ただし、少し経つとムラは和らぎ、そして消えていく。

2006年に初の液晶ディスプレイとして購入したEIZO FlexScan S2411W。なんだかんだで約12年使い続けている。
バックライトがそろそろ寿命かもしれない。十分使ったと思っているし、いつか壊れるのは当然のこと。

2012年にデュアルモニタに移行しているので、片方が駄目になってももう片方で維持はできる。
完全に壊れるまで使い続けることは決めている。
問題は完全に駄目になった場合、どうしようかと頭をよぎったこと。

新しいモニタを準備するだけだけど、今の流れだと4Kディスプレイになるだろうか。
本当は4K飛ばして8Kを狙っていたけど雰囲気的にPC向けは最速2018年後半ぐらいだろうか?おそらく金銭的に無理だろうけど。
さらに4K以上を活用しようとすると、現在使用しているグラフィックスカードでは対応できないので、これまた新規購入という流れ。
新しい環境に移行しようとすると、お金がかかります。

ということで2006年当時いくら出費したか調べてみると、液晶ディスプレイのみで・・・

約16万円

の出費でした。

あれ?当時の出費額と今回の見積額でそんなに変わらない。にしても高いぞ!やっぱり高いぞ!

来年第2四半期~第3四半期にWindows 10へ移行を考えていて、そのためにPCも年末買替予定から最大1年延期しました。
来年はPC周りでお金がかかりそうです。

歪曲カメラ

最近、スマートフォンを機種変更しました。
Xperia Z2(2014)からXperia XZ Premium(2017)へ、およそ3年ぶりとなります。

今まで近くのドコモショップで買い替えを続けてきましたが、今回はドコモオンラインショップで予約購入。

発売日2日前にメールにて入荷連絡が入りましたが、それに気づいたのは週末の仕事終わり。帰宅後いろいろ済ませて落ち着いた深夜過ぎ、購入手続きを経て2日後の日曜日に到着。

しかし、他のことに追われて結局1週間寝かせることになり、開封、開通手続き、初期設定、データ移行、ソフトウェアインストールもろもろすることができたのは昨日。
作業時間は大体1時間程度でした。SIM/microSD挿入時は不慣れだったせいか戸惑いながらも、それ以外は簡単でした。マニュアル等手順書はとても分かりやすく親切過ぎて読むのが嫌になるぐらい。次回何年後になるかわからないけど、もうドコモショップで購入することはないでしょう!!(次はSIMフリーに移行しているかもしれないけど)

で、ここから本題。

個人的に使い始めてまだ間もないけど、現時点でスペック、デザイン、操作性、応答性、持続性に不満なし。しかし、購入手続き後に知ったカメラの歪曲問題が気にかかる。

ということで、格子チェックを実施。結果、、、

おわかりいただけただろうか?(歪んでるよね?)さらに格子チェックだぁー

うぁぁぁぁ異次元に吸い込まれるぅぅぅーーーーー

ああああぁぁぁああああ!!

ちなみにXperia Z2の場合

んっッ!???????

症状が出ていない人もいるらしい。
これ、カメラレンズの問題?それともモジュール(カメラ本体)側の問題?
そもそもソフトウェアップデートで治るの?

まぁ、いっかぁ(いいんかい!)(よくねーよッ)

スマートフォンのカメラ自体、メモとか記録用で使うだけで、メインとして使うことはないので、これ以上気にしないことにしました。ソニーさん、アップデート待ってます。

スマートフォンでマイニング

最近の仮想通貨バブル!?に習って、手持ちのスマートフォンのマイニング性能を調査。

対象のスマートフォン:XPERIA Z2

ササッと調べてしまうために次のAndroidアプリを導入。

アプリケーション:MinerGate Mobile

マイニング対象:Monero(XMR)

Moneroは、去年より急騰した仮想通貨で取引量がベスト10に入る有名なものとのことだったので、これでマイニング性能を測ることにした。

結果は・・・

Result(average):13.7H/s

30分稼働させてハッシュレートはだいたい13.3から14.3H/sぐらいをウロチョロしてます。
まぁ、3年前のスマートフォンですし、現在の平均的なパソコンの1/10〜1/20程度の性能でしょうか?(いい加減)動作中のスマートフォンはもちろんアッチッチです。

2017年前半発売の最新スマートフォン(Snapdragon 835)ならば、どれぐらいの性能を発揮するんでしょう?

さてマイニングの話はこれぐらいにしまして、H/s=ハッシュパーセカンド=ハッシュレート=ハッシュ値(Hash)とはなんでしょうか?

ハッシュ値とは、「あるデータを変換することで得ることができる固定長データ」を言う。

ハッシュ値の特徴は次の通り。

  • ハッシュを得るための関数を「ハッシュ関数」という。
  • あるデータを一方向にしか計算ができない。
  • 一方向計算に優れているため、CPUよりGPUのほうが高速処理可能。
  • あるデータをひとつでも変更すると、異なるハッシュ値が生成される。
  • ハッシュ値から元データは逆算できない。(復元不可能)

これらの特徴から、暗号、パスワード、データ検索高速化、データ改ざん検知など、多方面で活用されている。もちろん仮想通貨で有名なビットコインでも利用されている。

そして時間単位あたりのハッシュ値計算量をハッシュレートと言い、H/sは1秒間あたりのハッシュ値計算量となる。

つまり、私が現在使用しているXPERIA Z2は1秒間あたりおよそ13Hash生成していることになる。

プラグインアップデートしたら、プラグアウトされる。

アップデート怖いわー。

WordPressについて、まだまだヒヨっ子な私。おそらく標準でインストールされている?プラグイン。なにげなく更新サインがたっていた。特に何も気にせず、アップデートを選択。すると・・・

Parse error: syntax error, unexpected …(以下、省略)

は?

真っ白な画面に殺伐したメッセージ。構文エラーってなにそれ。いやいや、さすがにテストしてから公開するだろ?ロジックエラーなら、半分諦めるけど、構文エラーって何よ?仕方ないぁ・・・

まぁ何千行もコード書いてると、こんなミスも仕方ないのかなぁー、管理画面に戻ろう!えぃ!

Parse error: syntax error, unexpected …(以下、省略)

はぁ?

プラグインアップデート失敗しただけで、管理画面すら開けなくなるとか・・・そこ分離しておけよ。WordPressってそんなシビアな設計なのか?・・・んっッ?、この瞬間、嫌な予感が脳裏をよぎる。私はおもむろにログイン画面にアクセスする。

Parse error: syntax error, unexpected …(以下、省略)

はあああぁぁぁ(#゚Д゚)!?

朝から何やってんだと思いつつ最速で調べまくって20分程度で回復に至りました。
今回に限らず、せっかく構築した環境がアップデートすることで使えなくなる。これが趣味ならば、多少は済まされるけど、仕事だったらと思うとゾッとする。

こういうことが起きるから、ソフトウェアアップデートって気軽に出来ないのだ。ね、マイクロソフトさん。

2017年も残り3/4

2017年も残り3/4である。

年度ベースでこの第4四半期にやり残したことはたくさんある。全部消化できるほど能力もなく、また効率的な人間でもないので、ただ計画が後退している。

焦ると返って能率が悪くなることも十分承知している。
今年は成し遂げたい項目がいくつもある。それを達成するためにいろいろ計画を立てたのだが、無情にも時間ばかり経過して、さらに焦りが積もっている状態である。

気持ちを落ち着かせる。
これは以前より実践している。頭の中では焦りに対してブレーキを掛けられるよう意識できるように試行している。しかし身体がその意識に対して追いついていない。意識しているつもりで無意識が正直なのだ。結果、意識していても自然と態度に出てしまうのである。まだ改善の余地が必要である。

明日から4月に入る。
優先順位を明確化し、目的に対して行動できるよう、そして成果が生まれるよう、毎日の第一歩を大切に心掛けたいものだ。