High Sierraへアップデート

Macを使用始めたのは2013年末頃から。

それまではWindowsがメインでしたが、徐々に移行し続け、去年あたりから自宅ではMacをメインで使用しています。と言いつつ、それまでのWindowsの資産を手放すといろいろと面倒なので、使用目的に分けてWindowsマシンとMacを交互に使い分けています。

今日はMacをHigh Sierra(10.13)へアップデート。

Mac購入後、初期Mavericks(10.9)を経てEl Capitan(10.11)にアップデート。Yosemite(10.10)、Sierra(10.12)世代はスキップ。
MacはWindowsに比べて、前バージョンとの互換性を遠慮なく切り捨てる面がある。いわゆる仕様変更である。これは良い面もあり、悪い面もある。
ちなみにWindows 10以降は、Macを習ってか?新しいものをどんどん導入するのと同時に古いものを切り捨てるような流れにある。過去のWindowsなら、過去のソフトウェア資産やらなんやらで簡単に変更はしなかったのだけど。そのため仕事用途では不評とのこと。ただ、いつまでも古いものをサポートしつづけるにもコストがかかるので、区切りは必要ですね。
まぁ、一般人が使う範囲では(マイクロソフトがやらかさない限り)ほとんど影響は無いとも言える。
もう一度、 や ら か さ な い 限 り は 。(ニッコリ)

今回のアップデート最大の焦点はAPFSと思います。

  1. フラッシュストレージに最適化
    ここ数年でPCストレージのデファクトスタンダードとなったSSD(Slid State Drive)デバイス。もともとHDDと比較にならないほど高速に読み書きが可能でしたが、さらに最適化が進む。ただし、HDDより書換回数に制限がありディスク管理を行うファイルシステムはSSDに必ずしも最適化されていなかった。これはフラッシュストレージの寿命を減らす原因となっている。無駄な読み書きを減らすことでストレージの高寿命化、そして使用容量削減が可能とのこと。
  2. ファイルコピーおよび検索の高速化
    数十GBのコピーがストレスなく可能らしい。ただし現時点でAPFSは外部ストレージに対応していないとのこと。なので、あまり恩恵は得られない?検索の高速化はありがたい。
  3. ネイティブ暗号化サポート
  4. ファイルシステムレベルのバックアップ機能…などAppleのmacOS High Sierraサイトを見ると新機能と称した謳い文句がたくさん書いてありますが、魅力的に感じないのはなぜなのか?

アップデート完了。
さっそくインストール済アプリケーションに不具合が無いか動作確認を実施。
APFSに起因するアプリやデータファイルの不具合を心配しましたが、有料アプリは今のところ問題なし!データファイルも消えてないようだ。無料アプリ(野良アプリ)は2点ほど動作しないものが発生。最近はほとんど使用していないものだったため、削除することに。

特に目立った問題もなく、ひとまず安堵する。