Microsoft Wireless Mobile 4000

ノートパソコン用にワイヤレスマウスを購入。

特徴

  • BlueTrack Technology採用青色LEDセンサー
  • 縦横4方向スクロールボタン
  • コンパクトで持ちやすい形状デザイン
  • 小型USBコネクタタイプのトランシーバー

購入動機

「やっぱりマウスはマイクロソフトだよね!」

現在使用しているノートパソコン(サブ)はThinkPad X220。長年使っている都合で、タッチパットやトラックポイントが徐々に誤動作するようになった。それが顕著になったのは今年に入ってから。ここ数か月騙し騙し使ってきた。ただ使用中に誤動作に気が取られ、キーボード操作が集中できない場面が多々あった。それも我慢の限界に達したため、購入に至る。

最初は、パソコンいじりも兼ねてキーボード部分のパーツ交換を考えました。モノ自体は4000~5000ぐらい。キーボード部分は特に不具合が出ていない。タッチパットとトラックポイントのために交換すべきなのか。特にトラックポイントこそがThinkPadの最大の特徴であり頂点(※X220等で採用されていた7列キーボード自体がノートパソコン史上伝説級に名高い。X230以降は・・・) 。それが使えないとなればThinkPadすら名乗れない。脳内無限ループ状態半月経過。

結論「もうマウスでいいや」

キーボード操作時、キーボードポジションから離れてマウスを操作する余計な動作を嫌っていましたが、もう古い機種なのでそこまでお金をかけないことで結論にいたる。

そして、使いやすい安価なマウスを求めた結果、このマウス購入に至りました。

ガタガタなThinkPad X220。無線LANもダメダメ、バッテリも2時間持たないかも。

久しぶりにマイクロソフトのマウスを触りましたが、「ああ、このフィット感!コレだよ!」と妙に懐かしく感じてしまった。

ThinkPadに限らず、他のノートPCでも使えるので、良い買い物ができてよかったと思うおっさんでした。

コメントを残す

*
*

Required fields are marked *