2020年1月14日、とうとうWindows 7の一般向けサポートの全サービスが終了します。

 企業向けの有償サポートは継続されるとのことなので、OS自体が使えなくなるわけではありません。今後もWindows 7パソコンは使用することはできます。その場合、極力ネットから切断されたローカル環境で使用することが求められます。

 私は去年9月にメインマシン動作不良を起こしたことで、仮マシンを準備したことが契機となりWin10へ移行しましたが、Windows OSでは最長の使用期間となりました。

 サポート終了後もWindows 7を使い続ける人もいるのだろうけど、普段使うだけなら、そんなに大差はないんですけどね。

コメントを残す

*
*

Required fields are marked *