New Microsoft Edge Browser

Windows 10とともに提供されていたEdgeブラウザが、新しくChromiumベースとなって登場。

Introducing the new Microsoft Edge

 旧Edgeブラウザは、Microsoftが独自開発したレンダリングエンジン「EdgeHTML」を利用している。EdgeHTMLエンジンはInternetExplorer11の「Trident」エンジンから分離して開発されたエンジンである。今回登場したEdgeブラウザは「Chromium」ベースとなったことで、「Blink」エンジンに変更されたようだ。

 なおChromiumベースのブラウザで普及率NO.1を誇るのは「Google Chorome」である。Google Chromeは主要OSのほかに、モバイル端末用Android OSのメインブラウザとしても採用されている。その他、ブラウザレンダリングエンジンにはApple macOS/iOS用ブラウザ「Safari」に採用されている「WebKit」エンジンやMozillaが開発している「Firefox」に採用されている「Gecko」エンジンがある。

 Blinkエンジンは、「WebKit」エンジンから、分離してGoogle等が主体となって開発が続けられているレンダリングエンジンである。

 今回からChromiumベースとなったことで、ウェブページのレンダリング品質やパフォーマンス向上に加えて、ブラウザ間の互換性が一気に改善されることになると思われる。これはデベロッパー・エンドユーザー双方にとってユーザーフレンドリーな対応となる。つまりブラウザを通して皆がほぼ同じ体験ができるようになったということ。なお新旧Edgeの互換性についてツールが提供されるようだ。

 一般ユーザーで興味を持ったならば、今すぐにでも直接ダウンロードしてインストールすることで体験することができる。またはインターネットに繋がっていれば、PCに詳しくない人向けにマイクロソフトが有難いことに2020年4月以降勝手に自動更新にて提供してくれるサプライズも用意してくれるそうだ。

 企業向けの場合、一般的にシステム管理者が自動更新を抑制するので、勝手にアップデートされて社内のウェブベース独自システムが動作不能になるなんてことは起きないだろう。むしろ企業向けPCは低スペック(Celeron,4GB以下のメモリ,HDD,低容量SSD)の可能性が大きいので、メモリ喰いのChromiumは勘弁願いたいぐらいだ。

 私の場合、同じChromiumベースのGoogle ChromeをWindowsですでに10年以上使用しているので、今さらChromiumなEdgeが登場したところで乗り換えたい!とはならない。ただしMicrosoftとGoogleが同じChromiumベースのブラウザを開発することになるので、比較する意味では面白そうではある。

Python 3.8がリリース

https://www.python.org

新機能も含めて、3.7系から何が変わったのか、これから情報を集める段階である。

3.5や3.6をチマチマと触ったけど、本腰入れて勉強したのは3.7でした。と言っても、今年に入り基本部分と興味を持ったモジュールの使い方程度ですが。本当は時間をかけてしっかり取り組みたいけど、おっさん社会人にはちと辛いです。

ここ3か月ぐらいほとんどPython触っていないので、時間をうまく活用するようなライフハックについて実践したいと思う今日この頃。

ISO to USB

最近使用しているISOファイルをUSBメモリに書き込むソフトウェア「ISO to USB」をまとめてみる。

ウェブサイトからISO to USBをダウンロード

http://www.isotousb.com/

  1. ウェブサイトにアクセスし、[Download now]ボタンをクリック。
  2. インストール用ファイル[isotousb_setup.exe]を任意フォルダへダウンロードする。
  3. [isotousb_setup.exe] を実行してインストールする。

ISO to USBを実行する

  1. ISO Fileグループの[Browse]ボタンより、任意isoファイルを選択する。
  2. PC接続したUSBメモリを、USB Driveグループのポップアップメニューより 選択する。
  3. File Systemグループにて、isoファイルを書き込むUSBメモリのファイルシステムを選択する。(FAT32推奨)
  4. 場合によってボリュームラベルを入力する。
  5. [Burn]ボタンをクリックする。isoファイルをUSBメモリへブータブルメディアとして書き込み開始する。

Office2010、新年号に対応しない可能性

Office2010の新和暦対応について気になったこと。

マイクロソフト製品で有名なWindowsとOffice。この2つの製品はそれぞれライフサポートサイクル期間が設定されている。

Office 2010 / Windows 7 の延長サポート終了まであと 2 年【1/25 更新】 – Microsoft Partner Network ブログ

上記リンク先より、このライフサポートサイクル期間には、メインストリームサポートと延長サポートに分類できる。
メインストリームサポートは、新機能や既存機能の仕様変更等の更新プログラム、セキュリティに関わる脆弱性等の修正プログラム、その他リクエストを受けた変更プログラム等、幅広くサポートを受けられる。
一方、延長サポートの場合、脆弱性の修正プログラムのみサポートを受けられる。

既にOffice2010のメインストリームサポートは2015年に終了しており、現在は延長サポートが2020年10月13日まで継続される。

多くの企業はWindows7+Office2010の組み合わせで社内環境を構築している。その上で2019年5月1日より新年号へ切り替わると、その古い環境下で新年号を扱えるのだろうか?という疑問に気づく。

Japan New Era Name Support Blog – 日本マイクロソフトの新元号 (和暦) 対応に関するサポート情報のブログです

こんなブログもあります。

現状、Windows10およびOffice2016は確実に新年号へ対応されますが、それ未満の製品群について、対応しない可能性が高い。単純に新年号対応は機能追加に該当するので、延長サポートに突入している旧製品は対応しないと思われる。(導入実績から企業の反発を恐れてしぶしぶ対応するかもしれないけどね)

こんなこと気にしている暇があるならば、さっさと新しい環境へ移行準備したほうが良いのかもしれない。

にしても、マイクロソフトさん、最近、一般ユーザーのサブスクリプションへ移行させようと躍起になっています。
企業はともかく、一般個人ユーザーがOffice使うシチュエーションってなんだろう?毎月もしくは毎年お金を払い続けてまで使わないといけないものなのだろうか?・・・と最近感じている。もちろん趣味や行事で使う場面は多々あります。だがそれを個人が自腹でお金出して維持することなのか?仕事で必要ならば企業が個人分を負担するべきだし、行事ならば主催者が負担するべき。そのためのサブスクリプションです。

私の場合、趣味で使うこともありますので将来的には移行することになると考えています。