VBAから.NET Frameworkを使用する際のメモ

実験的にVBAから.NET FrameworkのSystem.Collections.ArrayListを使ってみるテストコードを書いてみたのだが、ノートPCでは動作するが、デスクトップPCでは動作しない症状(オートメーションエラー)に直面した。

クラスモジュール:Point
標準モジュール:Module1

デスクトップおよびノートパソコンの環境は下記の通り統一されている。

  • Windows 10 Pro 64bit
  • Office 365

原因を探ると、.NET Framework 3.5(3.0/2.0)有効化の有無で動作しなかったようだ。つまり何らかの操作にてノートパソコン環境は有効化されていたが、最近セットアップしたデスクトップパソコンではWindows10標準では無効化されているため動作しなかったという結論に至る。逆に.NET Framework4.0以降はVBAからアクセス許可されないということ。すなわち最新の機能は利用できない。だが、もともとVBAから.NET Frameworkの操作には制限があるとのことなので、利用場面は限定される。ArrayListそこそこ便利でした。

.NET Framework自体は今後もWindowsに残るけど、このようなバージョンによる制限は、将来的に.NET Coreへ移行する布石だろう。

新しい技術が出てくるたびに、勉強しなければならないプログラマーさんは大変ッス。これじゃあ、いくら時間があっても足りないわけですよ。

メモ:Electron 5 リリース

Electron | Build cross platform desktop apps with JavaScript, HTML, and CSS.

Web技術を活用したソフトウェアが作成できるアプリケーションフレームワークがバージョンアップしていたようです。

以前から興味はありましたが、中々手が付けられなく今に至る。そろそろ実験的に何かやってみたいと思っている。

メモ:Node.js 12 リリース

Node.js

新しいNode.jsがリリースされていたようだ。

Node.jsって何?と聞かれたら、「サーバーサイドjavascript」と返ってくる。でも、これがよくわからない。理解している範囲では、「Googleが開発したV8JavaScriptエンジンをベースに、サーバークライアント間のデータ通信を非同期で行うプラットフォームである。何かイベントが発生した場合、その都度動作する。処理はシングルスレッドで行われるため、メモリ消費が少ない。そのためリアルタイムを求められるアプリケーション開発に向いている。」というところだろうか?

現在、私の開発環境にはバージョン10.xがインストールされている。少し触った時期もありましたが、ただいま放置状態。つまりすっかり忘れている。いい加減にじっくり試してみたいのだけど・・・。