2019/12/1施行 改正道路交通法

12/1より、携帯電話使用等対策の推進を図るための規定の準備ということで、いわゆる自動車運転中による携帯電話等使用に伴う罰則が強化される。

2018年までの過去5年間で「ながらスマホ」による交通事故は約40~50%増加しているそうだ。それに伴い死亡事故件数も増加傾向である。

その対策として、今回下記の内容が強化される。

種別 罰則 違反点数 備考

携帯電話使用等
(交通の危険)

1年以下の懲役
または
30万円以下の罰金
6点
(免許停止)
 
携帯電話使用等
(保持)
6か月以下の懲役
または
10万円以下の罰金
3点 [反則金]
普通車18000円
二輪15000円
原付等12000円

ポイントは「 携帯電話使用等」とそれに付随する「交通の危険」と「 保持 」である。

「 携帯電話使用等」 とは?

自動車又は原動機付自転車の運転中に携帯電話等の無線通話装置を通話のために使用したり、携帯電話やカーナビゲーション装置等の画面を注視したりする行為

道路交通法の一部を改正する法律の施行に伴う交通警察の運営についてhttps://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kouki/291030/7.pdf

「交通の危険」 とは?

道路における交通の危険を生じさせた場合

道路交通法の一部を改正する法律の施行に伴う交通警察の運営についてhttps://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kouki/291030/7.pdf

「保持」とは?

無線通話装置を通話のために使用し、又は画像表示用装置を手で保持してこれに表示された画像を注視する行為

道路交通法の一部を改正する法律の施行に伴う交通警察の運営についてhttps://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kouki/291030/7.pdf

引用した文面から、次の事項は取り締まりを行っている警察官が目視で確認された場合、どのような理由があったにせよ免許停止ということだろうか?

  • 運転中のあらゆるスマートフォン操作およびスクリーン注視によるながら行動ならびにヘッドセットを含む通話行動
  • 運転中のあらゆるカーナビゲーション操作およびスクリーン注視

結論!

ながら運転絶対ダメ!!

VBAから.NET Frameworkを使用する際のメモ

実験的にVBAから.NET FrameworkのSystem.Collections.ArrayListを使ってみるテストコードを書いてみたのだが、ノートPCでは動作するが、デスクトップPCでは動作しない症状(オートメーションエラー)に直面した。

クラスモジュール:Point
標準モジュール:Module1

デスクトップおよびノートパソコンの環境は下記の通り統一されている。

  • Windows 10 Pro 64bit
  • Office 365

原因を探ると、.NET Framework 3.5(3.0/2.0)有効化の有無で動作しなかったようだ。つまり何らかの操作にてノートパソコン環境は有効化されていたが、最近セットアップしたデスクトップパソコンではWindows10標準では無効化されているため動作しなかったという結論に至る。逆に.NET Framework4.0以降はVBAからアクセス許可されないということ。すなわち最新の機能は利用できない。だが、もともとVBAから.NET Frameworkの操作には制限があるとのことなので、利用場面は限定される。ArrayListそこそこ便利でした。

.NET Framework自体は今後もWindowsに残るけど、このようなバージョンによる制限は、将来的に.NET Coreへ移行する布石だろう。

新しい技術が出てくるたびに、勉強しなければならないプログラマーさんは大変ッス。これじゃあ、いくら時間があっても足りないわけですよ。

過去に使用したGPUメモ

過去の記憶をたどって購入順に並べてみた。若干記憶が曖昧な部分があるが、大きなズレはないはず。このようにいざ並べてみると、新品・中古品ともにそれなりの数を購入していることが分かる。

ちなみに初めて自分で購入したGPUは、Geforce4 4200Ti中古品である。

当時憧れのような存在だったELSA製品は、Geforce 6600GTのAGP版を初めて購入した。だが安定せずに相当苦労させられた。ELSA製が悪いというより、おそらくAGP変換チップが悪さをしていたのだろう。結局使い物にならなかったので間もなく売却してAOpen製のPCI-Express版を購入している。こちらはすごぶる安定していた。長年メインマシン用として活躍してくれた。その後もサブマシンで活躍してくれた。なお同世代の買い直しなんてこれが最初で最後だった。

Geforce GTX285の購入を期に初めてSLIに挑戦。当時比較的安価?に購入できたことと、SLIへの憧れから大奮発!ただし期待は大きく裏切られ、最初で最後のSLI体験となった。以後SLIは2度としないと戒めの如く誓った。ただしCUDA用途でも活用していたのでまったくの無駄だったというわけでもない。

Geforce GTX580はGTX285に続いてCUDA用途に購入。たまたま偶然見つけ、久しぶりの中古品であったため若干抵抗があった。しかし不具合もなく壊れることもなく使うことができた。

現在は、サブ用に購入したRadeon RX560がなぜかメインマシンにて使用している。逆にRX580はサブマシンで使用している。使用するGPUはそこそこ良いモノを選んできたが、最近はスペックに拘らないようになった。CUDA対応アプリケーションも時間の都合により、最近使っていない。

最近、半導体プロセスの鈍化もあり、GPUもいろいろと限界が来ているように感じる。そのためにレイトレーシングを持ち出してきたあたり、昔のような性能向上はもう期待できないのだろう。また価格が高騰する一方である。

メモ:Electron 5 リリース

Electron | Build cross platform desktop apps with JavaScript, HTML, and CSS.

Web技術を活用したソフトウェアが作成できるアプリケーションフレームワークがバージョンアップしていたようです。

以前から興味はありましたが、中々手が付けられなく今に至る。そろそろ実験的に何かやってみたいと思っている。

メモ:Node.js 12 リリース

Node.js

新しいNode.jsがリリースされていたようだ。

Node.jsって何?と聞かれたら、「サーバーサイドjavascript」と返ってくる。でも、これがよくわからない。理解している範囲では、「Googleが開発したV8JavaScriptエンジンをベースに、サーバークライアント間のデータ通信を非同期で行うプラットフォームである。何かイベントが発生した場合、その都度動作する。処理はシングルスレッドで行われるため、メモリ消費が少ない。そのためリアルタイムを求められるアプリケーション開発に向いている。」というところだろうか?

現在、私の開発環境にはバージョン10.xがインストールされている。少し触った時期もありましたが、ただいま放置状態。つまりすっかり忘れている。いい加減にじっくり試してみたいのだけど・・・。