WAVECEPTOR WVQ-M410DE-2A2JF 購入しました。

やっぱり使い慣れた時計が一番ということで、WAVECEPTORを購入しました。

WAVECEPTOR WVQ-M410DE-2A2JF(5174*JA)

 過去の反省から、今回はメタルバンド(ステンレススチール)版を購入。そのため樹脂バンドよりも価格が高いお買い物となりました。

 最大?の特徴である「世界6局の電波を受信するマルチバンド6を搭載したクロノグラフタフソーラー電波時計」は健在です。時間を正確に刻んでくれることは安心感を与えてくれます。メタルバンド部分はプッシュタイプで付属のプラスチック工具で簡単に調整できます。また10気圧防水対応とのことで、生活上の水場(手洗い、汗の付着、雨)での使用程度ならば十分に時計の精密部分を守ってくれるそうだ。ただし湿度が高かったり、海水や水泳での使用は避けたほうがよいとのこと。時計部のガラスは「樹脂ガラス」とのことで、強い衝撃を与えたら傷がついたり破損する恐れがあるかもしれない。

 長く使えますように。

腕時計、また経年劣化でダメになる

2017年2月に再購入したカシオ製「WAVE CEPTOR WVQ-M410-1AJF」のバンド部分がまたダメになった。

約3年3か月の使用期間でしたが、初回購入時より1年以上長く使えたのでとりあえず良しとしたい。時計部分は相変わらず動いていることが本当に惜しい。

前回購入から、私の腕時計に対するトレンドは現在大きく変化している。

  • スマートウォッチ
  • センサブルライフログ
  • ヘルスデータシンキング

正直なところ、3つともまだまだ安定性と持続性能という点で時期早々と感じているのだが、今の時点で一度体験しておきたい気持ちもある。そのため、タフソーラーと電波時計に関して犠牲なってもらうことになるかもしれない。

ということで、現在ウォッチ中。

腕時計を買う。

2週間前、仕事用として使っていたCASIO WAVE CEPTOR WVQ-M410-1AJFのバンド部分がダメになったので、同じものを購入したというお話。

ダメになった理由は、バンド固定部の自然分壊。突然、ボロッと逝きました。
いろいろ原因を探ってみると・・・

  • 経年劣化(およそ2年しか使ってないんだけど)
  • 汗による塩害劣化(仕事的に力仕事が多いので)
  • 付け外しの耐久劣化

3点ぐらいしか原因が思い浮かばない。一番の原因は耐久+塩害コンボによる劣化と思っている。

で、この時計、時計部とバンド部が一体化しているようで、この樹脂バンドのみ交換はできないようだ。このクラスの時計は消耗品扱いなのだろうか?時計部が壊れたわけではないので、ちょっともったいなく思ってしまう。

ならば、もっと安い2〜3000円程度の時計でも良い気がするが、次の点が気に入っている。

  • タフソーラー
  • マルチバンド6クロノグラフソーラー電波時計
  • 10気圧防水

世の中には良いとされる時計はたくさんある。ブランド性、デザイン性、高価格帯のもの。それらから個人を彩るステータスとして選ばれる。

私が今回も同じ時計を選択した理由は、実際に使う上で必要な機能性を優先した。ただし、数年後には今回と同じ要因でまたバンド部分が壊れそうな気がする。

次に購入するならば、さらにメンテナンス性を考慮した時計選びを訴求したい。

余談だが、プライベート用として使っていたOCEANUS MANTAも10年が経過。そろそろ買い替えたい今日この頃。CASIOバンザーイ!