New Microsoft Edge Browser

Windows 10とともに提供されていたEdgeブラウザが、新しくChromiumベースとなって登場。

Introducing the new Microsoft Edge

 旧Edgeブラウザは、Microsoftが独自開発したレンダリングエンジン「EdgeHTML」を利用している。EdgeHTMLエンジンはInternetExplorer11の「Trident」エンジンから分離して開発されたエンジンである。今回登場したEdgeブラウザは「Chromium」ベースとなったことで、「Blink」エンジンに変更されたようだ。

 なおChromiumベースのブラウザで普及率NO.1を誇るのは「Google Chorome」である。Google Chromeは主要OSのほかに、モバイル端末用Android OSのメインブラウザとしても採用されている。その他、ブラウザレンダリングエンジンにはApple macOS/iOS用ブラウザ「Safari」に採用されている「WebKit」エンジンやMozillaが開発している「Firefox」に採用されている「Gecko」エンジンがある。

 Blinkエンジンは、「WebKit」エンジンから、分離してGoogle等が主体となって開発が続けられているレンダリングエンジンである。

 今回からChromiumベースとなったことで、ウェブページのレンダリング品質やパフォーマンス向上に加えて、ブラウザ間の互換性が一気に改善されることになると思われる。これはデベロッパー・エンドユーザー双方にとってユーザーフレンドリーな対応となる。つまりブラウザを通して皆がほぼ同じ体験ができるようになったということ。なお新旧Edgeの互換性についてツールが提供されるようだ。

 一般ユーザーで興味を持ったならば、今すぐにでも直接ダウンロードしてインストールすることで体験することができる。またはインターネットに繋がっていれば、PCに詳しくない人向けにマイクロソフトが有難いことに2020年4月以降勝手に自動更新にて提供してくれるサプライズも用意してくれるそうだ。

 企業向けの場合、一般的にシステム管理者が自動更新を抑制するので、勝手にアップデートされて社内のウェブベース独自システムが動作不能になるなんてことは起きないだろう。むしろ企業向けPCは低スペック(Celeron,4GB以下のメモリ,HDD,低容量SSD)の可能性が大きいので、メモリ喰いのChromiumは勘弁願いたいぐらいだ。

 私の場合、同じChromiumベースのGoogle ChromeをWindowsですでに10年以上使用しているので、今さらChromiumなEdgeが登場したところで乗り換えたい!とはならない。ただしMicrosoftとGoogleが同じChromiumベースのブラウザを開発することになるので、比較する意味では面白そうではある。

Microsoft Wireless Mobile 4000

Microsoft Wireless Mobile 4000

ノートパソコン用にワイヤレスマウスを購入。

特徴

  • BlueTrack Technology採用青色LEDセンサー
  • 縦横4方向スクロールボタン
  • コンパクトで持ちやすい形状デザイン
  • 小型USBコネクタタイプのトランシーバー

購入動機

「やっぱりマウスはマイクロソフトだよね!」

現在使用しているノートパソコン(サブ)はThinkPad X220。長年使っている都合で、タッチパットやトラックポイントが徐々に誤動作するようになった。それが顕著になったのは今年に入ってから。ここ数か月騙し騙し使ってきた。ただ使用中に誤動作に気が取られ、キーボード操作が集中できない場面が多々あった。それも我慢の限界に達したため、購入に至る。

最初は、パソコンいじりも兼ねてキーボード部分のパーツ交換を考えました。モノ自体は4000~5000ぐらい。キーボード部分は特に不具合が出ていない。タッチパットとトラックポイントのために交換すべきなのか。特にトラックポイントこそがThinkPadの最大の特徴であり頂点(※X220等で採用されていた7列キーボード自体がノートパソコン史上伝説級に名高い。X230以降は・・・) 。それが使えないとなればThinkPadすら名乗れない。脳内無限ループ状態半月経過。

結論「もうマウスでいいや」

キーボード操作時、キーボードポジションから離れてマウスを操作する余計な動作を嫌っていましたが、もう古い機種なのでそこまでお金をかけないことで結論にいたる。

そして、使いやすい安価なマウスを求めた結果、このマウス購入に至りました。

ガタガタなThinkPad X220。無線LANもダメダメ、バッテリも2時間持たないかも。

久しぶりにマイクロソフトのマウスを触りましたが、「ああ、このフィット感!コレだよ!」と妙に懐かしく感じてしまった。

ThinkPadに限らず、他のノートPCでも使えるので、良い買い物ができてよかったと思うおっさんでした。

Officeを購入してきて、ンッじュウネん!

Officeを使い始めたのは高校時代だったかなぁ・・・。

購入したバージョンをまとめると、以下の通り。Officeは搭載する機能によって細分化されていました。フルバージョンはとても高い買い物だったと思います。

  • Office2000
  • Office2003
  • Office2010

初めて触ったのはOffice97。特に目的はなかったけど、手段としてExcelとWordの使い方を覚えるためにキーボードをカチカチ、マウスをポチポチしてました。ついでにブライン・・・じゃなくてタッチタイピングもこのころ身体が覚えてくれました。

その後、2000を購入したときにAccessとPowerPointを勉強しています。2003の購入動機はよくわからない。PC環境をWindows XPに移行したときになんとなく購入したのかもしれない。この時期からVBAに興味持ち始めて、チマチマとマクロで遊んでいたと思う。(触ってみてVBAってクソかもと思った)

そして現在も使っている2010。これはWindows 7 pro(64bit)へ移行したため、環境一新およびリボンインターフェイス慣れの目的で購入。(許されるならばVBAって使いたくないと感じていた)

2010以降は、2013の後に最新2016とパッケージ製品が登場しています。2018年後半には、いよいよ次期Office(2019?)が登場するらしいです。

ちなみに、パッケージ製品のほかに月単位もしくは年単位の使用料を支払うことで利用できるサブスクリプションタイプのOffce365も展開しています。こちらはパッケージタイプと異なり、月および年単位の使用料を払い続ける限り永続的にOfficeの最新機能追加やアップデートを受けられます。

それまで1世代ごとに購入してきたOfficeも、2010以降2世代経過しましたが欲しい動機がなかったため、購入に至っていない。

来年は、メインPC環境をWindows 10へ移行を考えています。このタイミングで次期Office購入を検討しています。なおWindwos 10環境でもOffice 2010はサポート(2020年までだったかな?)されている。2018年から流れてくるであろう製品情報によって、今後購入する・しないを考えたい。

にしても、手段としてOffice製品の使い方いろいろ勉強してきたけど、結局使う環境や理由が無ければ、時間の経過とともに忘れてしまい、いざ使おうと思うと学び直しになることに嫌気をさすことが過去何度もあった。Accessなんて使う機会ないのでほぼ忘れてしまっている。

どんな場面でもそうですが、資源も時間もお金も無限じゃないので、最近は「無駄なことに時間は割かない、必要ないなら学ばない、でも自分が興味を持ったり楽しいことならば、まず情報は得る」思考で考えています。

ちょっとしたスキマ時間の独り言でした。
(VBAなんて簡易VB言語捨てて、いろんな言語で操作できるようにしてほしいですよね。)